あの日みんな、普通の日を過ごすつもりだったのに。

2011.03.28 Monday







 震災の起こる前日の夜、私は新宿の高田馬場にいました。
 仲間のパーティーイベントに参加していました。
 ご招待をして頂いたので、なるべく早い時間に行きたかったのですが、
 中盤くらいからの参加になってしまいました。
 
 高田馬場に向かう電車の中、私はものすごく嫌な気持ちでいました。
 普段からあまり不安とか嫌な気分とかになることはないのですが、
 理由がわからない嫌な気持ちがありました。
 まるで自分の心が真っ暗な深海に浸っているような気分でした。
 それは2、3日前からあったのです。
 
 「よくわからないな」

 パーティーイベントは本当に楽しくて、仲間に感謝しています。
 帰りは主催の優秀な彼に送ってもらいました。
 途中でファミレスに寄って、真夜中の時間を過ごしました。
 そのときには気分はまぎれ、比較的落ち着いていたと思います。

 翌日、3月11日。
 朝から動いていた私は、今夜は用事がないからゆっくり休もう、と思っていました。
 ゆっくりできることが楽しみでした。


 しかし、あの時間を境に、日本は変わってしまいました。
 私は一人で外にいたので、慌てて車に抱きつき、
 立っていられない揺れから身を守りました。

 震度6の揺れは想像以上でした。
 何もかもが揺れた世界は、恐怖の他はありませんでした。
 緊急放送やサイレンが聞こえ、多くの人々が退避しているのを見ました。

 これは何かとんでもないことが起きた気がする、と思った私は、
 もしかして両親がいる静岡かもしれないと思い、
 揺れがおさまる前から何度も両親の携帯に電話をかけました。

 早い対応だったので、比較的すぐにつながり、大丈夫であること確認し、
 何が起こっているのか情報を得ました。

 あの瞬間、本当に揺れがおさまると同時に、
 道路の異常な混雑、あらゆるお店の閉店、警察官、通行止め、止まった電車、
 降りたままの遮断機、緊急車両、強い余震などがはじまりました。
 どうなってしまったのだろう。

 私は私としてやることがあったので、家に帰ったのは翌日の朝9時でした。
 大渋滞の中にいるとき、都内から大勢の人が歩いて帰っていきました。
 家の中は散乱していました。適当に片付けをすると、寝ました。
 とにかく眠たかったです。
 現実を知るには、準備ができてなかった。

 その後が、今日に通じているわけです。
 ニュースで東北地方で起こったことを知り、
 胸が張り裂けそうな気持ちになりました。

 東北地方や関東の人々、私も含め、みんなが普通の一日を過ごすつもりだったのです。

 いつもの日を過ごすつもりが、いつもの日ではなくなってしまいました。

 被害に遭われた方々のことを思うと、胸の奥底から震えてきて、
 涙が出ます。
 みんなで支え合って、復興させていきませんか。
 端的ではなく、長期的に何年もかけて、支え合っていきましょう。
 ありがたいことに世界の国々が協力してくれています。
 そのことに感謝して、私は私ができることをやっていこうと思います。

 全ての方が、衣食住に満ち、笑顔で楽しく生きていけるように、祈っています。
 

1 page on 1 page


iTunes Store



Club,House,Electro&Ambient Music Creator Shikimy Galle's Weblog.
エレクトロやハウスミュージック、アンビエント音楽を作っているシキミーガレのブログです

Shikimy Galle's Official Web Site
Shikimy Galle - iTunes Store
Shikimy Galle, on Fairtilizer
Music from Shikimy Galle - MySpace
official.fm
twitter


Texte alternatif

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

qrcode